コラム一覧

荷主に指名されるドライバーって?

お知らせ

土曜日は南信州は諏訪湖近郊の運送事業者さまより
ドライバー研修の講師に招かれました。
諏訪湖近郊はまだ桜は咲いておらず
あと数週間後に開花予定のようです。
テーマは
「運送会社が期待するドライバー像とは?」
でした。
普段は安全管理、交通事故防止の話をすることが多いのですが
今回は新年度ということもあり、少しテーマを変えてみました。
11133732_1109204789105613_4653434252728137747_n.jpg
グループごとに分かれて
まず1人で考え、そのあとにグループで話し合い
最後にグループごとに発表となります。
聞いているだけの研修と違って
ドライバーさんたちも活発に発言して頂けました!
中小運送会社が荷主に指名されること。
そのためにドライバーとして何をしなければならないか。
仲間同士で普段は話さない内容だと思いますが
改めて話し合うと、いろんな発見があったようで
この研修をやってよかったな、と思いました。
とても楽しいひと時を過ごすことができ、
私の心の中では、南信州の桜がポッと咲いたようでした。

記事を書いた人

和田康宏

和田康宏トラック運送業専門コンサルタント

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格。
会計事務所勤務後、22歳で行政書士事務所開業。
トラック運送業専門コンサルタントとして20年以上にわたり活躍。
事故時の緊急監査対策、平時の危機管理対策、荷主に指名されるドライバーを育成する仕組み作りなど、運送会社300社超のコンサルティング実績を持つ。
営業停止案件や運輸監査案件に携わった豊富な経験から、どの段階で何を優先し、どのレベルまで改善すべきかを的確に指導できることに定評がある。
「優先順位なき安全管理は徒労に終わる」が持論。
“顧客100%が運送会社”の正真正銘の運送業専門コンサルタントである。
2014年『運送業をしてきてよかった!』をミッションとして、一般社団法人トラック・マネジメント協会を設立、理事長に就任し、活動中。
2代目、3代目のための経営塾、『トラマネ運送塾』も主宰している。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
052-212-8708
お問い合わせ