コラム一覧

トラマネ会員証の授与式!

お知らせ

今年4月からスタートした
トラック・マネジメント協会(通称、トラマネ協会)の第一弾の活動、
その名も「ドS活動」が一巡しました。
ドS活動というのは
トラマネ会員が同業である会員企業を訪問し、
コンプライアンスのチェックを行う活動です。
普段、というか一生を通じて
同業他社に自社の労働時間や点呼状況などを見られる経験は
通常はないことでしょう。
誰でも同業者に自社の弱い部分を見られたくないと思うもの。
ところが、トラマネ協会の会員は別!
会員に問題点を指摘されることで
逆に改善でき、自社の成長につながる。
そう考えるドM経営者の集まりです。
ですから、逆に他社を指摘する立場になると
ドS経営者に変身してしまいます!
これが本当に見ていて楽しい(!?)のです。
正式なトラマネ会員証が授与され
みなさん、ホッとされている様子です。
DSC01637.JPG
次回は各社の管理者を巻き込み
健康管理体制のチェックと改善に関する研修をスタートします。
中小運送会社の弱点は管理者の育成が上手くできないこと。
トラマネ協会では
この課題に新しいアプローチで果敢に挑んでいきます!
トラマネ会議終了後は
会員の協和陸運の桝田さまの社長ご就任祝いということで
食事会を開催。
IMG_0935.JPG
(左:協和陸運株式会社 桝田社長、真ん中:瀬尾会長、右:和田)
「専務時代も社長からほぼ全権を委任されていたので
社長に就任してもそんなに変わらないだろう、と思っていたが
やはり、自分が決めたこと=会社の決定になる、ということに
改めて気づかされ、身が引き締まる思いになった」とのこと。
やはり、社長と専務は似て非なるものですね。
IMG_0934.JPG
(左:物流ニッポン梅本記者、真ん中:中島急送株式会社 中島社長、右:有限会社ヤマコン 山田社長)
本日は、物流ニッポンの梅本記者も食事会に参戦しました。
物流ニッポンさまでは、最近私の連載がスタートしましたので
ぜひご購読して下さいね。

記事を書いた人

和田康宏

和田康宏トラック運送業専門コンサルタント

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格。
会計事務所勤務後、22歳で行政書士事務所開業。
トラック運送業専門コンサルタントとして20年以上にわたり活躍。
事故時の緊急監査対策、平時の危機管理対策、荷主に指名されるドライバーを育成する仕組み作りなど、運送会社300社超のコンサルティング実績を持つ。
営業停止案件や運輸監査案件に携わった豊富な経験から、どの段階で何を優先し、どのレベルまで改善すべきかを的確に指導できることに定評がある。
「優先順位なき安全管理は徒労に終わる」が持論。
“顧客100%が運送会社”の正真正銘の運送業専門コンサルタントである。
2014年『運送業をしてきてよかった!』をミッションとして、一般社団法人トラック・マネジメント協会を設立、理事長に就任し、活動中。
2代目、3代目のための経営塾、『トラマネ運送塾』も主宰している。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
052-212-8708
お問い合わせ