コラム一覧

二代目が創業者を超える時

お知らせ

多くの二代目経営者の方にお会いしてきて分かってきたこと。

それは、2種類にタイプに分かれる、ということです。

1つ目のタイプは、
創業者から独立して自分で判断しながら経営ができているタイプ。

2つ目のタイプは、
創業者の指示命令に従うだけで、自分で判断しながら経営を“できていない”タイプ。

おおよそ、この2つに分かれます。

中小運送会社であれば、創業者=父、二代目経営者=息子さん、というのが一般的です。

中小運送会社の継承が上手くいくかどうか。

ココで問題となるのが、創業者のパワーです。

善し悪しは別として、
創業者は年を重ねても凡人にはない桁外れのパワーがあります。

そんじょそこらの若者よりもパワーがあります。

おそらく創業ほどエネルギーが必要なことは人生において滅多になく、
それを乗り越えてきた自信がそうさせるのでしょう。

お金もない、まともなドライバーも少ない、会社の信用もない。
すべて「ナイナイづくし」の創業。

これを乗り越えるのに、どれほどの精神力、体力が必要だったか?
少し考えただけでも分かります。

そんな創業者(父親)から見て、
二代目経営者である息子さんは、か弱く見えて仕方ないでしょう。

ついつい、二代目経営者のやることに口出しをしてしまいます。
それもかなり厳しく、細かく口出しをするケースが多いでしょう。

この時、二代目経営者がどう考え、どう行動するか。

「二代目経営者が創業者を超えることができるかどうか」の
まさに分岐点になるのです。

黙って、陰では創業者の愚痴を言いながら、現状維持で何もしない。
これでは二代目経営者の将来はありません。

創業者亡き後、“惨憺たる”未来が待ち構えていることでしょう。

では、“賛嘆される”未来を切り開くために、
二代目経営者としてどのようにすべきなのでしょうか?

やはり創業者の業務を守るだけではダメです。

まずは二代目経営者自身で業務を獲得することがすべての始まりです。
しかも現在の業務より利益率が下回るようでは話になりません。

ドライバーに対する負担だけが増えるような業務であるなら、
創業者だけでなくドライバーからの信頼も得られません。

獲得した新しい業務について
最後まで責任を持って自分で把握し、問題があれば改善していく。
ここまでできないと、ダメです。

逆に言えば、その情熱をドライバーは見ていますし、
創業者に認めてもらうためにも、創業者を黙らせる?(唸らせる)ためにも、
何が何でも自分の手で現状よりもよい仕事を獲得することが絶対に必要なのです。

いかがでしょうか?

現状維持で、何もリスクを負わず、
挑戦なき人生で終わりにするのか?

生きた証、生きている充実感を味わうために
自分の手で果敢に新たなことに挑む人生を選ぶのか?

“創業者を超えられるかどうか”

それはすなわち、
自分の壁(限界と思い込んでいる)を超えられるかどうか、と同じことですね。

記事を書いた人

和田康宏

和田康宏トラック運送業専門コンサルタント

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格。
会計事務所勤務後、22歳で行政書士事務所開業。
トラック運送業専門コンサルタントとして20年以上にわたり活躍。
事故時の緊急監査対策、平時の危機管理対策、荷主に指名されるドライバーを育成する仕組み作りなど、運送会社300社超のコンサルティング実績を持つ。
営業停止案件や運輸監査案件に携わった豊富な経験から、どの段階で何を優先し、どのレベルまで改善すべきかを的確に指導できることに定評がある。
「優先順位なき安全管理は徒労に終わる」が持論。
“顧客100%が運送会社”の正真正銘の運送業専門コンサルタントである。
2014年『運送業をしてきてよかった!』をミッションとして、一般社団法人トラック・マネジメント協会を設立、理事長に就任し、活動中。
2代目、3代目のための経営塾、『トラマネ運送塾』も主宰している。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
052-212-8708
お問い合わせ