よくある質問

コンサルティングについて

遠隔地ですが依頼できますか?
現在、九州地区や関東地区の運送事業者様からのご依頼を受けております。
訪問頻度などを調整できれば可能です。
»コンサルティング対応エリア
電話やメール限定での依頼は可能ですか?
可能です。
遠隔地の事業者様のケースで、アドバイスや相談はいつでも受けられる状況にしておきたい経営者の方に喜ばれています。ただ初回だけは弊社でお会いできることが条件となります。
顧問契約でないと依頼できないですか?
原則、コンサルティングに関しては「顧問契約」方式に限らせて頂いております。
「運送会社成長ステージ」という独自手法により継続的にコンサルティングを行うことで「運送業をやっていてよかった!」と心底思ってもらえる運送会社を1社でも増やしていきたいと私は考えております。
従いまして単発のコンサルティングは、原則、お受けしておりませんので、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
本当に顧客の100%が運送会社なのですか?
はい、その通りです。
車両台数10台前後の小さな運送会社さんから、車両台数300台を超える中堅運送会社さんまで顧問をさせて頂いております。
ひとえに運送会社といっても、荷主の業種(食品、自動車、雑貨等々)や地域によって置かれている経営環境は相当違いがあります。
10台前後の規模では主に社長さんと直接コンサルティングをすることが多いです。
30台超の規模では、管理者の方も同席してのコンサルティングになります。
100台超の規模では、全国の営業所の所長さんを集めての会議、研修形式のコンサルティングが多くなります。
特にコンプライアンスに関しては地域差が如実に出ます。
中部地区に比べて、九州地区や東北地区は長距離運行がメインの運送会社さんが多く、特に長時間労働による行政処分リスクが非常に高い状況にあります。
荷主の業種によっても、自動車産業よりも食品や建設関係は待ち時間が長く、安全管理をする上で苦労する点が多いように感じます。
そんな大変な状況にある運送会社の社長さんから、日々様々な運送業に関する経営相談を受け続けているうちに、いつの間にか運送業専門で20年を超える歳月が過ぎていた、というのが正直なところです。

講演・セミナーについて

だいたい講演時間はどれくらいですか?
90分~120分が一番多いです。
60分という短めの場合もございます。
基本的にはご依頼者さまのご要望に添うことができます。
どんな内容ができますか?
運輸監査の実態(行政処分事例を含む)、運輸監査の対策、労務トラブル予防対策、運行管理の仕組みづくりのポイントなど、運送会社の危機管理、安全管理に関する内容が得意です。
名古屋から遠い地域でも依頼できますか?
北海道から九州まで講演活動をしております。
どのような講演スタイルですか?
プロジェクターでパワーポイントを投影しながらお話を進めていくスタイルです。
質疑応答を設定できますか?
設定して頂いて結構です。
ただ、今までの傾向では講演内容がデリケートな法的問題を含んだものですので、大勢の前での質疑応答に馴染まないようです。
あまり質疑応答が出ることはありません。
その代わり、講演終了後に個別で相談にいらっしゃる方が多いです。
管理者に対する研修会はできますか?
現在も実施しております。
主に営業所が複数ある事業者さんで、年に数回ある営業所長会議などを活用して研修会を行うことがあります。
お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
052-212-8708
お問い合わせ