メディア連載一覧

連載記事(ドライバー・管理職が成長する仕組みづくり)第4回

先日、ある調査会社の統計が発表されました。 「あなたの会社は、目標に向かって組織が一丸となっていますか?」という質問に対し、「そう思わない」という回答が最も多かったのが、実は「運送業界」でした。 この数回の連載で、「自社の理想とするドライバー像」を会社全員で共有していますか?という話をしてきました。 今、運送会社で働く管理職やドライバーがこのように思っているので?と敏感に感じている運送会社の社長さんは極めて少数です。 私は職業柄、運送会社のコンサルティングを実施する際に、管理職の方とご一緒に仕事をする機会が多いです。 その時によく出る話が、実は「自社の目標が分からない。 社長が具体的にどんな会社にしたいのか分からない。 具体的にどんな管理職やドライバーになってもらいたいかが分からない。 だから会社一丸となって頑張りたくても、頑張れない。社長の思いが分からないから。当然ドライバーにもしっかりと説明できない。」という内容なのです。 先の見えない不安な時代。 そんな時代だからこそ、運送会社社長の力が試されるのです。 この問題を"あいまい"にして先送りにすることはできます。 ただ先送りの先にみえるのは、やる気を失った管理職やドライバーの姿です。 つまりは、社長の会社が衰退していく姿なのです。 「自社の理想とするドライバー像とは何か?」 この答えを、明確に管理職やドライバーに示すことができるか? もしくは、管理職やドライバーと一緒になって考えることができるか? 今、運送会社社長の"真の実力"が試される時期が到来しました。これまでお話した「自社の理想とするドライバー像」を明確にすることの意義はココにあるのです。 "明確にする"とは"数値化"するということです。 "数値化"することで、ドライバーや管理職も共有できるようになります。 共有できると、会社としてどの方向に向かっていけばいいのかがわかります。 会社の方向性が分かれば、管理職もドライバーも何に力を入れて取組めばよいかが分かります。 自分で考えて行動できる人間が増えてきます。 そうなれば、しめたものです。 その運送会社は確実に成長していきます。 次回は、今回予定していました"数値化"の具体例についてです。

記事を書いた人

和田康宏

和田康宏トラック運送業専門コンサルタント

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格。
会計事務所勤務後、22歳で行政書士事務所開業。
トラック運送業専門コンサルタントとして20年以上にわたり活躍。
事故時の緊急監査対策、平時の危機管理対策、荷主に指名されるドライバーを育成する仕組み作りなど、運送会社300社超のコンサルティング実績を持つ。
営業停止案件や運輸監査案件に携わった豊富な経験から、どの段階で何を優先し、どのレベルまで改善すべきかを的確に指導できることに定評がある。
「優先順位なき安全管理は徒労に終わる」が持論。
“顧客100%が運送会社”の正真正銘の運送業専門コンサルタントである。
2014年『運送業をしてきてよかった!』をミッションとして、一般社団法人トラック・マネジメント協会を設立、理事長に就任し、活動中。
2代目、3代目のための経営塾、『トラマネ運送塾』も主宰している。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
052-212-8708
お問い合わせ