メディア連載一覧

連載記事(ドライバー・管理職が成長する仕組みづくり)第9回

今回は「勤務態度」についてです。 実は、大体この「勤務態度」に関する評価項目が一番多くなります。特にこれまで評価制度を導入していない運送会社の場合はなおさらです。 やはり、ドライバーの勤務態度で、荷主さんの評価が下されるケースが多いからでしょう。 「ドライバーの勤務態度」といってもいろいろです。 例えば、 ?丁寧な言葉遣いができる。 ?清潔な身なりをしている。 ?遅刻や無断欠勤をしない。 ?トラブルがあった時に会社に報告している。 ?配車係の指示に協力的である。 ?トラックの清掃(外観、運転席、荷台)ができている。 すべて当たり前なことなのですが、できていないドライバーが多いのも事実です。 ただ誤解しないで下さい。 実は、どこの運送会社でも何の対策も講じなければ、似たり寄ったりの状況なのです。 だからこそ、この「ドライバーの勤務態度」について的確な対策、仕組みづくりをすれば、同業他社との差別化ができるのです。 ここでも、やはり重要なのは「ドライバーの勤務態度」について"数値化""点数化"できるかです。 「勤務態度」という"数値化"しにくい要素を、会社全体の意見を踏まえた上で「評価基準」をいかに作り上げることができるか。 多少時間がかかっても、運送会社の差別化をする上で極めて重要な部分です。 社長も考える。 管理職も考える。 ドライバーも考える。 そして会社全体として「理想とするドライバーの勤務態度」をまとめあげ、社員全員で"共有"する。 荷主から評価される運送会社になるための土台作り。 それが「ドライバーの勤務態度」の評価基準づくりです。 一般的な傾向として、初歩的な段階では挨拶や言葉遣いなどの5Sに重点をおいたものになります。 ある程度の段階にくると、「協調性」が問題となります。 配車係の指示に文句をいって協力的でなかったり、同僚の悪口をいったりするドライバーの出現です。 ここで"チークワーク"を向上させることに重点をおいた評価基準に修正する必要があります。 このように各社の置かれた状況によって、絶えず変化させていくのが「評価基準」の基本です。

記事を書いた人

和田康宏

和田康宏トラック運送業専門コンサルタント

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格。
会計事務所勤務後、22歳で行政書士事務所開業。
トラック運送業専門コンサルタントとして20年以上にわたり活躍。
事故時の緊急監査対策、平時の危機管理対策、荷主に指名されるドライバーを育成する仕組み作りなど、運送会社300社超のコンサルティング実績を持つ。
営業停止案件や運輸監査案件に携わった豊富な経験から、どの段階で何を優先し、どのレベルまで改善すべきかを的確に指導できることに定評がある。
「優先順位なき安全管理は徒労に終わる」が持論。
“顧客100%が運送会社”の正真正銘の運送業専門コンサルタントである。
2014年『運送業をしてきてよかった!』をミッションとして、一般社団法人トラック・マネジメント協会を設立、理事長に就任し、活動中。
2代目、3代目のための経営塾、『トラマネ運送塾』も主宰している。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
052-212-8708
お問い合わせ