メディア連載一覧

第8回「ギャップの取り扱いにご注意!」

前回は
「まず自社の統一基準に基づいて評価したドライバーの品質レベルを具体的な数値で把握すること。その現状を踏まえて自社のドライバー成長戦略を描くこと」
が重要というお話をしました。
今回は
「自社のドライバーの成長戦略」
のポイントについてお話しします。
実際、中小運送会社で自社のドライバーを数年かけてどのようにするか、
という計画を立てているところはほぼ皆無です。
だから、やらなくてもいい。
そう考えたとすれば、その他大勢の中小運送会社と同レベルになり下がってしまいます。
他社との差別化ができなければ、荷主から見ればどこの運送会社も同じ。
その結果、運賃が安い方を選ぶ、ということになります。
この悪の連鎖を断つためには、やはり他社が取り組んでいないこと、
もっといえば"面倒くさくて取り組まないこと"を取り組むしかないのです。
中小運送会社の大きな特徴。
それはズバ抜けたドライバーがいる一方で、残念なドライバーがいることです。
ズバ抜けたドライバーに当たった荷主さんからは、称賛の電話が入ります。
ところが、残念なドライバーに当たった荷主さんからは、クレームの嵐になります。
この"ギャップ"を埋めることが、経営者の仕事です。
が、現状この大事な仕事から目をそむけている経営者が何と多いことでしょう。
「ドライバーに教育なんてしても、すぐに辞めるから仕方ないよ」
とか
「ドライバーに高望みしても、どうせできないよ」
そのような言い訳をする社長さんが多いのも事実です。
そのことを私も百も承知で、この話をしているのです。
それでも諦めずに粘り強く「計画」もっといえば「経営戦略」を立て、実行していく。
このような数少ない中小運送会社がこれからの厳しい時代にも、
力強く生き残っていくことができるはずです。
先日、ある講演会で私は言いました。
「中小運送会社の経営が上手くいかないのは、社長がダラシナイからだ」と。
大変失礼な言い方であったと反省していますが、本当のことです。
これは私も中小零細企業の経営者の1人として自戒を込めた発言なのです。
「優良ドライバーと残念なドライバーとのギャップを埋めるための経営戦略を練り、実行していくこと」
2代目経営者がしなければならない大切なことです。

記事を書いた人

和田康宏

和田康宏トラック運送業専門コンサルタント

1971年愛知県生まれ。19歳で行政書士試験に合格。
会計事務所勤務後、22歳で行政書士事務所開業。
トラック運送業専門コンサルタントとして20年以上にわたり活躍。
事故時の緊急監査対策、平時の危機管理対策、荷主に指名されるドライバーを育成する仕組み作りなど、運送会社300社超のコンサルティング実績を持つ。
営業停止案件や運輸監査案件に携わった豊富な経験から、どの段階で何を優先し、どのレベルまで改善すべきかを的確に指導できることに定評がある。
「優先順位なき安全管理は徒労に終わる」が持論。
“顧客100%が運送会社”の正真正銘の運送業専門コンサルタントである。
2014年『運送業をしてきてよかった!』をミッションとして、一般社団法人トラック・マネジメント協会を設立、理事長に就任し、活動中。
2代目、3代目のための経営塾、『トラマネ運送塾』も主宰している。

お問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください
052-212-8708
お問い合わせ 資料ダウンロード